教室のモットーというか、いつも意識していることがあります。
それは、「おもしろい事がとっても大事!」と言うことです。
楽しんでできたことは、いつも以上の力が出たりしませんか?

生徒から突然、手紙やつくったものをもらうことがあるのですが
いつもイロップでつくっているものとはちょっと違った顔が垣間見れたりします、



手紙らしき包み。
値段でしょうか。100円とあります。



そこには武器がずらり。
私もドラクエで育って空想のドラゴンと戦っていたので
こういうのは良く描いたな〜と懐かしく眺めました。
日本刀と書こうとして本日とーとあるのがツボにはまりました。
100円はなんだったんだろう。



手紙をくれた子の作品です。
手に持って見ると思わずポーズをとりたくなる勇者の剣です。
今日はいつもは作者にしかあまり知られることのない
土の中の球根のようなひみつ
完成まえの作品達にスポットを当ててみたいと思います。




この鳥はクジャクです。
これからきれいな羽根を一枚づつてづくりして
びっくりするような姿に変身してゆくのでしょう。
おなかのふっくら感がいい!





マジックハンドです。
デコボコした形もそうですが
木を切るときから形にすごくこだわっていて、角もしっかりやすりがけされているので
さわり心地が最高にいいです。
持って見てはじめてこんなところまでがんばったんだ〜と伝わってきます。






本棚の上で大迫力なクモ。
タランチュラをモチーフにした貯金箱です。
この子は毒をもった虫や動物に関心があって作品もそのシリーズで進んでいます。
幼児クラスの中にはコワイと恐れる子もいます。






おもしろい作品づくりには良い図鑑がかかせません。
最近購入したのは知のビジュアル図鑑シリーズ。



パッと見てわかりやすいレイアウト、ワクワクさせるような文章、重過ぎないページ数。
対象年齢は中学生らしいのですが、幼児から大人まで
写真を眺めているだけでなんかワクワクします。






教室の本棚にある「こびとづかん」と「まちがい探し」の本は
ボロボロになるまで読まれるほど子供たちに大人気です。
お店でみつけたこびとのテープを7匹分切って
教室のいたるところに隠してあります。
見つけたときのこどもの顔はとってもうれしそう!






新聞紙を貼ってボンドで固めるのをはりぼてと言います。
どんな形でもつくれるし、軽くて丈夫なので工作にぴったりです。
これはキマイラというライオンの頭に山羊の体とヘビの尻尾を持つ空想上の生き物です。
今はまだ新聞紙ですが、これから色を塗るとかっこよく変身するのでしょう。






こちらはゴミ箱です。
つくってみたい物があってつくれそうな物だったら、たいていつくってみようとなります。
かえるのワンピースも細かく塗れるといいね。
それとも実際に布で貼ってみようか。






こちらはイスの一部分です。
とにかくお花をかくのが楽しい。
描く楽しさがビシビシ伝わってきます。
スゴロク大会でもらった金のえのぐも所々で効いてますね。







この箱の穴はなんでしょう?

答えは家族3人の携帯充電器のコードを入れるところです。
家で飼っている猫がコードをかじってしまうのでそのセキュリティーボックスという事です。
なるほどね〜!!
先生の家の猫も細いケーブルが好物で、ランケーブルかじられた時は大変でした。







どの作品もすごく手間がかかっているのがわかりますでしょうか。
大人以上に面倒くさがりやの子達がチクチク地味に頑張れるのは
“僕はおもしろいものを作っているんだ!”という自負ではないでしょうか。
楽しいと感じている作業の時間はあっという間ですよね。
こんな電車のクッションなら素敵な旅の夢が見られそう。
カラフルな車輪がつくのが楽しみでなりません。







幼児クラスはカリキュラムなのでみんな同じテーマでつくっています。
テーマは同じですが、出来上がる作品はすごく個性に満ちています。
見本の作品を先生が授業中に作って行くので
出来上がったものはその時話題になっていたお寿司がでてきたり
飴と雨って似てるよねという話だったり
おばけってこわくない?どこに住んでるの?という物語がごっちゃに入っていたりします。

これを見た小学生クラスの子が私もこういうのつくってみる!と言いました。



じゃーん。
この建物の形は電化製品の梱包材を利用しています。
ちょっとズームインしてみましょう。



なんと選挙のポスターが!
手前の目玉焼きは車です。



なんか爆弾らしきものに山村さんの名前が
この町の爆弾製作者の名前なのでしょうか。



大根の乗り物もあるようです。
家にはジュリアという表札がかかっています。
いや〜こまかいところにもおもしろさがいっぱいの作品です!







トイレの電気のスイッチの近くの作品棚にこのクワガタがあって
ビックリしたことがあります。
この足は細い針金が入っていてちょっとの振動でプルプルと動きます。
角ももちろん開閉可能。リアルですね、、、。
男の子はみんな昆虫や電車、鎧に武器と同じ道を通ってゆくんですね。
おとなりの戦車も男の子全開ですね。






こちらは女の子の作品です。やっぱりかわいい^−^
トレーの中には毛糸でつくった鳥たちがびっしり!!
この子は鳥が大好き。
そして作風もなんか一貫しています。
昔の作品もちょっとのぞいてみましょう。




前回の作品のハンバーガー。
パンのゴマをビーズで縫い付けたり
木で作ったチーズはかじった跡があり
そのかじった犯人はねずみのチューちゃん。
本当にこれは力作ですよ。
すばらしいことです!



ぼうしコンテストの時は鳥の巣の帽子をつくっていました。
親鳥がおんぶヒモでひな鳥をおんぶしているところが最高でした。
この巣は一本づつえのぐで色塗りしたのですが
何本かポテトの黄色に塗っていたのをかくしていたのを思い出しました。

マクドナルドが大好きでポテトは特に好きといっていたのが
巣の中にこっそりあらわれて、ねずみさんにかじられていたりして。
今つくっているたくさんの鳥達はどうなってゆくのでしょうか。
ポテトはでてくるの?

作者にしかわからないこっそりとした楽しみ
見た人をちょっぴり楽しませててやろうというたくらみ
じっくり見れば見るほどあたたかく愉快な作品がいっぱいです。

こどもだっていつも楽しいことばかりでもないけど
おもしろいことをたくらんでいる子は
とても生き生きとして見えますね^−^



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM