みんなが待ちに待ったイロップの遠足

2016年の春は、クサカベ絵の具工場へ行ってまいりました


毎年、一週間前から天気予報を見ながらハラハラしているのですが

無事良い天気になり、最高の遠足日和でした〜!




まずはイロップから大山駅まで歩きます

今日はペアどうしがしっかり支えあうようにお話しして

一日協力し合うことを約束しました



大山駅から朝霞台駅まで、東武東上線に乗って行きます

大山駅は駅全体がカーブしていて、電車とホームとの距離が広いです

あらかじめ、駅員さんに手伝ってもらうようにお願いしていて

スタッフと共に各班無事に乗れるよう、細心注意して乗り込みました



この時はまだお友達同士、緊張気味で表情も固いです

帰りはみんな興奮していて、騒ぎ過ぎないよう落ち着かせながらの帰宅でした





朝霞台駅より、バスに乗ってクサカベ絵の具工場へ

しっかり大きな挨拶をして、まずはエプロンを着てから始めます

女の子たち、まるでお姫様のドレスみたい




普段子供達が使っているのは、水彩絵の具ですが

水彩絵の具は水分の調節などもあり、作るときは一気につくるので

この日は、油絵の具の製造過程のみを見せていただきました

油絵の具、水彩絵の具、他にもガラスなどに描ける絵の具も作っているそうです

いきなり巨大な絵の出現にみんなビックリ!

よく見ると木に見える額も絵の具で描いたものでした





絵の具は、色の元となる顔料に油を混ぜて作ります

その油をどうやって作るか、そこから丁寧に説明してくれました

油と顔料は、大きなミキサーで混ぜたのち

3本ロールミルという機械で、均一になるまで、何度も何度も混ぜ合わせます





工場全体は油絵の具の匂いがしていて

大きな機械が低い音を立てながら何台も動いています

非日常な体験に、子供達はちょっと圧倒されながらも

真剣に一つ一つ見て回ることができました

これがすべて作品作りに使われていると思うと

世界中ではすごい量の作品が生まれ続けていると感じました





絵の具の硬さをヘラで刺して確認

こんなに多いと、自分の使っている絵の具と比較しようもないです

それにしても鮮やかなピンク!



出来上がった絵の具は塗ってみてから延ばし、色の検査をします

こうして品質のいいものを作り続けているのですね〜!



金属チューブに絵の具を充填します

エアーのリズミカルな音に合わせて作られていく様は

ピタゴラスイッチのようです

みんなじーーっと眺めていました





紙ラベルをのり付けして巻いていく装置です

チューブがつぶれないようにやさしく巻いて

ブラシがのりを丁度いい量にくるくるさらっていくのは、本当に見入ってしまいます

こんな機械を考える人はスーパーアイデアマンですね



工場の多くの方たちが子供たちに説明をして下さったり

見るポイントを教えてくれたりしました

質問にも優しく答えてくださり、本当に感謝です



最近の顔料は石油など化学反応で作るものが多いけど

昔は鉱物やイカの墨、マンゴーばかりを食べさした牛のおしっこまで使ったそうです

お姉さんの持っているラピスラズリは現在の価値でも10万円以上

フェルメールが使用していた頃は、同量の金と同じ値段だったそうです

他の材料では代用できない美しさだったのでしょうか




こちらの部屋では実際に絵の具を作る体験をしました

今日作れる色は二色、ウルトラマリンブルーとレモンイエローです

どちらもとても鮮やかで人気があり

どっちにするか、中々選びきれない様子でした



色々な顔料に薬品が並んでいて、化学の実験のよう

この雰囲気だけでもうワクワクが止まりません^−^



化学反応で作る顔料は想像もつかない変化で現れます

黄色かった液体に、また別の黄色い液体を数滴たらすと、、、



青い液体にモヤモヤ変わってゆきました!

みんなの歓声が起こります



さあ、自分だけの絵の具をつくるよ

スプーン、すりきれ いっぱい すりきれ いっぱいっと

この時もペアどうしが手伝いあい、順番に袋へ詰めてゆきました



普段見る事のない、とてもきれいな顔料の色

こどもたちの目には、どのように見えたのでしょうか



袋に詰めたら、やさしくもんで混ぜます

爪は立てないように、モミモミ、モミモミ。



みんなが真剣に絵の具をつくっている途中、心ちゃんが起きました

おはようございまーす^−^



チューブに絵の具を入れるのは緊張の一瞬!

こ ぼ れ ま せ ん よ う に こ ぼ れ ま せ ん よ う に



楽しかった工場見学、絵の具づくり体験が終わり

クサカベの皆さんに元気に挨拶ができました

ユーモアのある説明をして下さった岩崎さん

こどもの目線になって実験してくださった戸井田さん

全員見れるようにやさしく教えてくださった竹内さん

工場のみなさん、本当にありがとうございました

また是非、遠足で来たいと思います





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腹ペコになった子供たちといっしょに

これからは黒目川を歩いて帰ります

懐かしいような工場の並ぶ、川沿いの砂利道を

開放的な気持ちで歩いていきました

途中でカワセミが飛んでいるのを見てみんなが喜んでいました

羽の青がとっても印象的でした



シートを広げてみんなで、いただきます!

お弁当を作ってくださった、保護者の方に感謝です

中にはお母さんからの手紙や

かわいいキャラ弁もあってうれしそうに見せてくれました



おいしいお弁当を食べたら、元気に遊びます

今年は遊ぶ時間もしっかり確保しました

ここでお友達どうし仲良くなれるのは

とってもいい思い出になりますね〜




石でおうちを作ったり、きれいな石を探したり

やっぱりイロップの子は作るのが好きだな〜

この日はテントウムシが良く見られました

途中で鳩の群れが頭上を横切り、みんな大喜び!

こんななんでもない自然も、なかなか見られないもんね〜




70人を超えるこどもが集まり

大成功の遠足となりました

帰りの電車では何人も寝ていましたが

イロップまでしっかり歩き切りました

どんな一日だったか、子供たちからお話しを聞いてあげてくださいませ



来年の遠足もお楽しみに〜







 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM