イロップの造形工作はおおまかに3種類に分かれます

木の「もっこう」

紙の「はりぼて」

布の「ぬいもの」です

 

布を縫う時はミシンという便利な道具があるのですが、

イロップではほぼ手縫いで作ります

 

木を自由な形に切り抜きたいとき、手作業だと難しいので

電ノコ(糸ノコ)を使います

この電ノコという機械、ダダダダっと大きな音と振動があるので

こどもたちから見たら、最初は怖いと感じると思います

でもコツがわかれば安全で楽しく、木で自由な形を作るにはぜひマスターしてもらいたい道具です

 

ある日、生徒から洋服をかけるハンガーが作りたいと要望がありました

今までハンガーをつくりたい子がいなくて

ハンガーづくりの例はあまりありませんでした

でもハンガーをどうぶつの姿にすれば

動物が洋服を着ているみたいだし

おもしろいかも!という感じでいっしょにデザインを考えました

 

 

 

 

表と裏でおんなじ形になるので

うらは別のお顔にしてみることに

2度楽しめるリバーシブルですね^−^

 

 

 

肩の部分がまっすぐだとかけずらいということで

2作目はなで肩にして、パイプにかける部分もちゃんと意識してつくりました

黒猫を飼っているので、個人的に黒い動物は身近でかわいく感じます^−^

 

 

 

えり先生の参考作品です

まず、自分で作ってみることで気を付ける部分など分かってくるので

必ず生徒に進める前に作ってみることを心がけています

一見恐そうだけど、紳士な口調で教えてくれそうなトラ先生です

 

 

 

電ノコはどのくらいの年齢から使えるかな〜

うちの娘で実験しました

最初は刃の前後を間違えて板を逆に動かしたりしていたけど

切れる方にしか進まないので、徐々に理解していったようです

慣れると夢中になって楽しいようです

 

理解して扱えるようになるのは2年生の中頃からでしょうか

どうぶつハンガーは木の工作の3作目に

電ノコ入門として決定しました

 

 

 

形がギザギザしているのも、頑張った証です

色塗りもだんだん上手になって成長を感じられます

 

 

 

お顔のパーツ、特に目は作品のだいじなところ

背景から塗り初めて、目鼻は最後に塗ります

緊張するけど、思い出に残る瞬間なのではないでしょうか

 

 

 

ハンガーのひっかける部分は動物のしっぽにピッタリ

細かい部分までちゃんと図鑑を観察できています

 

 

 

ウナギがとれたシロクマです

大胆でおもしろい構図になりました

 

 

洋服をかけるところまで意識しているのでしょうか

とってもおしゃれさんなハンガーです

 

 

 

もう動物というよりか、人間に近いのでは

やさしそうな人柄がつたわってくる表情がなんともいえません^−^

 

 

どんぐりを口いっぱいにほおばっているリスさん

茶色一色になりがちな動物を、うまく塗り分けています

 

 

 

この威厳、立派な風格

将来背広を吊るしていもいいのではないでしょうか

ずっと使ってね^−^

 

 

 

やっぱり動物はみんなの性格が表れますね

大きなお魚、とってもおいしそうニャー^−^

 

 

 

モチーフになんとカマキリをチョイス

色使いまでアートに仕上げてくれました

 

 

 

教室にあったTシャツをかけるとこんな感じ

知らない人がクローゼットを開けたらびっくりですね

 

初めて電ノコという機械をつかったドキドキの記憶がつまった作品

みんなの洋服かけにひっそりたたずんでいるのでしょうか

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM