11月くらいまではそんなに寒さを感じなかったけど

12月になると一気に寒くて、やっぱり冬の空気は厳しいですね

 

11月の終わりころ、まだギリギリ暖かかった陽気に箱根へ行って来ました

毎年じゃないけど、定期的に行ってる彫刻の森美術館

作品が大きく入れ替わるわけでないけど

このいつもと同じ雰囲気がまたいいと感じます

 

 

まずはシャボン玉のお城

こどもが大きくなってくると遊びかたが変わってきて

時間が経っていることを思い出させます

 

 

公園遊具と違ってこれだけ綺麗に保たれているのは

ちゃんと点検とお掃除をしているからでしょうね

安心して遊ばせられます白いお洋服でも

 

 

見た目の面白さも良いけど、遊具として本当に良く考えられているな〜

遊具デザイナーというお仕事、あるのでしょうか?

建築家に近いのかな〜

 

 

ゆらゆら揺れる吊り橋、ドキドキの表情が撮れました

 

 

 

作品名「ハイ!」

みんなこんな写真撮ってるのかな?

 

 

こどもを肩車していると

巨大ロボになった気分になります

ズシーン、ズシーン。

 

 

前回来た時は補修工事中だった「ネットの森」

心なしか、色も鮮やかになってリニューアルしていました

 

 

カンガルーのお腹のなか

生まれる前を思い出す?

 

 

今年はここで年賀状写真を撮ろう!

周りに人のいないタイミングで、こども達ちゃんとカメラ目線で、タイマーセットして、、、と

なかなか良いのが撮れて、ちょっとした合成もしてみました、お楽しみに^−^

 

 

躍動感のある一瞬

このあと滑って転びました、、、

 

 

大きなフライパンを持っている気持ちになりきっていました

ジュージュー

ジュージュー

 

 

ウサギさん達に負けずに格闘

室内美術館はまだ無理そうだけど

ここなら思い切り表現できるね

 

 

歩き疲れた頃に足湯があって最高

シワシワになるまで浸かっていました

 

 

「礼拝堂」

いつかこの二人も結婚してゆくんだろうという考えがよぎりました

 

 

屋内展示はクイズ形式になっていてなかなか面白い三択でした

この作品、前来た時は外にあったような?

 

 

パパと長女はクイズ巡り

次女は足元が気になるお年頃

 

 

しょっちゅう転ぶから

毎日がアドベンチャー気分なんでしょう

 

 

夜泊まった所は

気づかないうちに前と同じ所を予約していました

上の子が三歳くらいの時に買った「ちゃんちゃんこ」を売店で見つけて、ハッと思い出しました

 

 

一泊して次の日は芦ノ湖周辺で遊びました

この水族館には、

 

 

ピラルクちゃんがいる

この餌やり体験、うちの一家だけで参加したのですが

ものすごい迫力でした。

 

水槽の上から落とす餌を

空気を震わせるような衝撃波とともに飲み込みます

ゆったりと漂う姿からは想像もつかない出来事でした

 

 

水族館に続いてお隣りの「抱っこしてZOO」にやってきました

ワンちゃん猫ちゃんウサちゃんなど色んな動物とふれあえます

これはモフモフタイムだー!

 

 

大きい犬もいいな〜

一緒にお昼寝したいね〜

 

 

大きなウサちゃんにちょっと緊張気味

なんか合成写真みたい

 

 

最近私もニンジンのおいしさが分かるようになってきました^−^

 

 

芦ノ湖が見渡せるロープウェイに乗りました

すごーく高い

さっきまで居た所がミニチュアみたいだ

 

 

登ってみたら今度は富士山が身近になった

箱根からははっきり見えるね


 

 

標高が変わると温度が全然違う

寒すぎてすぐに降りてきました

夏だったら気持ちよさそうな山の上

 

 

芦ノ湖遊覧船「はこね丸」に乗りました

お隣りは「十国丸」

乗ってみてしばらくして分かったのですが、他にも海賊船みたいなのもいました

 

 

この日はほとんどお客さんがいなくて貸し切り状態

 

 

運転席を見ながら船長さん気分です

 

 

船長さん以下三人の乗組員さん達、とっても仲良さそうで

楽しいお仕事なんだな〜と想像してみました

 

 

お山の向こうに見えるよ富士山

 

 

デッキの上も誰もいない

自由に踊っても大丈夫

 

 

^−^

 

 

乗れるものは全部乗ろう!ということで

最後にポニーも乗りました

 

最近板橋区こども動物園のふれあいコーナーが長期改修中の為に

ポニーや羊、モルちゃん達にふれあえていませんでした

いやー良かった良かった

 

 

お馬さんのおしりに小人が乗ってるみたい

 

ポニーに乗ったこどもの後ろ姿、向こうに抜ける芦ノ湖の景色が心に残りました

 

 

 

 

涼しくなり、ご飯のおいしい季節になってきましたね。

毎日晩御飯何にしようかな?とエンドレスに続くお母さんの悩みも

この季節はたのしくお料理できます。

ちなみに今晩の我が家のメニューは牛丼と卵スープです^−^

 

さて、こども達が作品を作り始めるときはどんな気持ちなのでしょうか?

デザイン画を描くために画用紙と鉛筆を準備し、図鑑や参考作品を見ながらしばらく、、、

次は何をつくろうか?

木の工作をずっとやってきたから次は縫い物にしようかな?

好きなものをテーマにしたいなー。

そうだ!!テーマは大好きなお寿司にしよう!!

 

 

 

縫い物でお寿司を作るとこんな作品がうまれました。

大好きなネタを集めて特選にぎり一丁!!

 

木で時計を作れば新鮮マグロ飛び跳ねるすてきなデザインの作品に!!

針が回る回転寿司時計ですね^−^

 

 

はりぼてで出来ている「おすし号」です。

お寿司のキャラクターはそれぞれ性格があっておもしろい!!

 

作るものも材料も違うけれどテーマ「お寿司」つながりの作品の紹介でした。

あ〜〜お寿司食べたくなってきた〜〜〜

 

 

 

とっても暑かった2018年の夏

夏休み教室4つのイベントの様子をご紹介いたします

 

まずは「そめる」自分で着られるTシャツをつくります

 

 

どんな模様にしようかな〜

お話を聞きながらイメージをふくらませます

 

 

テープで囲ったなかをペンキで塗ってゆきます

幾何学模様がまるで宝石のカットのようです

 

 

 

乾かし時間におやつのかき氷を食べました

頑張った後は特においしいね^−^

 

 

 

一か所だけ光る蓄光塗料で塗ることができます

どこを光らせようか、悩む子も多かったです

 

 

 

乾燥時間の都合で、マスキングテープをはがすところができなかったクラスもありましたが

このテープをとってゆく作業はなかなか気持ちがいいものです!

こんなデザインになったと初めて気づきます

 

 

 

2学期がスタートするとイロップに着て来てくれる子もいます

Tシャツ自体をいろんな色にすることも考えたのですが、やっぱり白が良いですね

 

 

 

みんな良く似合っています

ちょっと大きめサイズの子だと2年、3年後と着続けてくれてりして

あ、あの時のTシャツだ!とうれしく感じます

 

 

やっぱり光るところが気になりますね

秘密の暗号みたいで、こっそり何度も確認しちゃう^−^

 

 

続いては「ともす」ロウソクづくりです

お誕生日や花火、特別な時に使えるアイテムを自分でつくっちゃいます

 

 

溶けたロウのコップに芯を漬けてレインボーカラーにしてゆきます

時々漬け過ぎて固まりが落っこちてしまう悲鳴がきこえます^−^

 

 

 

ビンにはいろんな色のブロックを敷き詰めてゆきます

小さな手だから上手に入れられるのですね

 

 

 

ヒモにくっつけるのはタイミングが大事

温めすぎないよう、早すぎないように育ててゆきます

 

 

 

真剣な眼差しで不思議な形になったロウソクを見つめています

魔法の実験みたいでおもしろいね

 

 

 

良く見えるようにするには、外周の並べ方が大事です

崩れないようにパズルゲームみたいに置いてゆきます

 

 

 

仕上げは無色のロウを流して固めます

もったいなくて使えないという声をたくさんいただきました

 

 

なんだかおいしそう?

魔法のつえと、フルーツゼリーみたい‼

 

 

お次は「かく」パイナップルです

今年は持ってお出掛けできる巾着袋にしました

 

 

いつもは黄色い輪っか状の果物だけど

実物はこんな形。

「本物なの〜?」こどもたちは興味津々です

 

 

 

複雑な形には法則がいっぱい隠れています

決まりを発見すれば描くのはとっても簡単です

 

 

 

布用クレヨンはアイロンで油分を吸い取ることができます

恐る恐る乗っけて、ゆっくり5秒数えます

 

 

 

ご覧ください!

本物そっくりの存在感です

 

 

 

作品ができたら、食べちゃうよ

触り心地や匂い、重さを体感しました

 

 

 

切ったらみんな知ってる色がでてきました!

きいろだ〜

 

 

 

パイナップルの種はどーこだ?

とっても小さくて見過ごしちゃいそう

 

 

 

なんと、初めて食べるお友達もいます

貴重な瞬間に立ち会えました

無事「おいしい!」という感想をいただきました^−^

 

 

 

何を入れてお出かけしようかしら

けっこういっぱい入りそうですね〜

 

 

小さい子クラスは体がすっぽり隠れちゃう

パイナップルマントみたい^−^

 

 

 

種ちっちゃい〜

持って帰って育てようかしら

 

 

 

クレヨンは重ね塗りしてゆくと

色が混じってきれいになります

近くでじっくり見てあげてください

 

 

 

教室中が甘い香りに包まれていました

みんなそれぞれ個性がでてていいね!

 

 

 

この子も初めてのパイナップルでした

いいお顔をみせてくれました^−^

 

先生もいっしょに食べましたが、特に甘くて「当たり」だったと思います

 

 

 

最後は「きっててちょう」

昨年の切手スゴロクに続いての

切手イベント第二弾です

先生の趣味色が強く表れております^−^

 

 

 

あらかじめ選んでいたテーマの切手を

お湯につけて一枚ずつはがします

小さな切手だけど、それぞれ違う絵があって

うっとり見とれちゃいます

 

 

 

これらの材料は、それぞれ買ったのではなく

寄付という形で集まった切手の段ボール詰めの中から

選別してつくったパケットになります

集めるのにすごい時間、かけました〜

 

 

 

一人ひとりテーマが違うので

お友達のものも気になります

そこかしこで、品評会が起こっていました

 

 

 

お待ちかねのお弁当タイム

いただきます⤴

 

 

 

カレンダーやトリビアページなどを順番に重ねてゆきます

カレンダーは切手のシートをモチーフにオリジナルで制作しました

目打ちを再現するのが大変でした〜

 

 

 

余った切手はストックページに入れます

先生も小学生の頃に、ハガキの切手をはがして集めていました〜

今は子供が好みそうなデザインがいっぱいあります

いい時代になりました

 

 

家族とお友達ページには

みんなの好きな事や得意なことなど

いっぱいかきこみます

こどもの名刺交換みたいですね

 

 

 

先生もプロフィールを書きます

サイン会みたいに並んでくれました〜

 

 

 

表紙の色は50色の中から自分で選びました

切手の色との対比が思わぬ効果を見せてくれました

 

 

 

一番人気だったのが星座切手

2回に分けて発行されたシリーズに

スノードームなどのグリーティング切手も合わせてあります

星はキラキラ、月はホログラム印刷と凝ってあります

 

 

 

自分で良いと思った並べ方で表紙を飾ります

大人の収集家がつくるコレクションと同じページづくりですね

 

 

 

作品が完成して余った時間に

いろんな国の切手の山を観察しました

 

先生も小さいころ、隣に住んでいた人から外国の切手をもらい

日本とは明らかに違う海外の雰囲気を味わっていました

 

みんなにはどんな風に写って見えるのでしょうか

 

 

お誕生日や、習い事の目標、お友達作りに活用してね〜

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM